電子書籍シリーズ マーケティングを読む: 創生とシフトの時代に挑む マーケティングを読む: 創生とシフトの時代に挑む

栗木契

本書は、新幹線の移動中に読み切ることができる分量の新しい読み物です。
「創生」は、今の日本では、地方にあって人口減に直面している自治体の課題であるとともに、ビジネスの重要課題でもある。多くの企業が、市場の成熟化や縮小に直面している。コスト削減に取り組むだけでは、やがて道は閉ざされる。多くの企業が、新しい市場を掘り起こす「創生」、あるいは市場での自社の新しい役割を見いだす「シフト」を迫られている。
本書に収録するのは『季刊ひょうご経済』No.126からNo.131に掲載いただいた6本の論考である。本書の各章は、独立した個々のテーマを取り上げたものだが、その背後にはひとつの時代がある。重ね合わせて読むことで、今の時代におけるマーケティングの活かし方や、事業への挑み方が立体的に見えてくるはずだ。

はじめに 創生の時代への挑み方
第1章 ポジショニングによる価値づくり
第2章 ミックスとしてのマーケティング
第3章 ビジネスのモデルとプロセス
第4章 プロセスとしての破壊的ビジネスモデル
第5章 オープン・イノベーションにいかに挑むか
第6章 スピードアップとスローダウン
終わりに

発売日:2018/10/30
発行日:2018/10/30
Online edition:B07K4W671T
定価:250
amazonで本を購入する
Kindle版あり

関連書籍